こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年02月28日

自分を変えるには

名古屋での企業研修。
今日は企業研修としては珍しく、参加者のうち半分が女性でした。
いつもとはちょっと違う雰囲気でした。

さて、ここのところ研修で連続して、
「自分を変えるにはどうすればよいでしょうか?」
というご質問をいただきます。
そのお答えとしては、いろんな角度からいろんなことを言えると思いますが、私が必ず答えさせていただくのは、

「自分が決して変えたくないものを明確にすることです。」

ということです。
「変えない部分」を明確にすることにより、「変わってもよい部分」が明確になります。
するとその瞬間から柔軟性が生まれます。
自然に自分を変えることができやすくなります。
つまり、変わらない部分があるからこそ、私達は変わることができるのです。

本当の柔軟性とは、「芯」があることだと思います。
本当の強さとは、「柔軟性」があることだと思います。

そしてさらに言うならば、人は自分の「芯」=「変えたくない部分」を明確にし、柔軟性を発揮することにより、その「芯」が実は「芯」ではなかったことに気づく場合が多いです。
「変えたくない」と思っていた部分が実は「変えてもよい」部分であることに気づくのです。
その連続で、だんだんと本当の「芯」を見つけていきます。
そしてその行き着く先は、・・・そうです。「願いのもと」です。


posted by はーん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。