こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年03月12日

全身全霊

ある業界で、日本初の動きが起こっています。
業界全体を改革するための動きです。
志を持った経営者の方々がお集まりになり、今、一歩を踏み出そうとされています。

今日はそういった26名の経営者の方々へのグループコーチングをさせていただきました。
「願いのもとグループコーチング」です。
いやぁ、凄かった。
何が凄いって、やっぱり経営者の方々のパワーです。
それは表面上に現れるものばかりではなく、根底から湧き上がってくる「波動」のようなものです。

わたくし途中で、「もうダメだ」と思いました。
とてもいつもの私では太刀打ちできない。
いや、皆さんとぶつかり合ったわけではありません。
皆さん、とても前向きで真剣です。
にこやかにお話もしてくださいます。
でも根底の「波動」がすごいのです。
その「波動」に一時は完全に押されそうになりました。

「全身全霊」という言葉は、この時のためにあるんだな、と思いました。
と言いますか、いつも私は全身全霊ですが、いつもは「全身全霊で受けとめる」という感じなのですね。
ところが、今日に限っては「受け止め切れない」のです。
それで「これは、ダメだ」と。
いつもの自分では通用としない、と本当に思いました。
そしてそこから私は「捨て身」になりました。
「全身全霊で受けとめる」のではなく、「全身全霊で向かっていく」という感じです。
もちろんそれは単に「力を込める」という次元の話ではありません。
肩の力はずっと抜けたままでしたので、表面上はどのように映っていたのかはわかりません。
でも私の内面は、私の命のすべてを皆さんに向けている状態でした。
その私をガチッと受け止めていただけるだけの、大きさとパワーが皆さんにあったのですね。
こういうのは、本当に久しぶりの体験です。
これは本当に、業界、変わっちゃいますよ。

グループコーチングが終わり、その後、懇親会にも参加しました。
今回は20代から70代まで、様々な年齢層の経営者の方々がいらっしゃいました。
多くの皆さんから喜びの感想をいただきました。
「願いのもとグループコーチング」に年齢や世代は関係ないですね。

今、ホテルにもどったところですが、今日ばかりはちょっと自分を褒めてあげようかな、とさすがに思いました。
よくがんばったぞ、オレ。
もうエネルギーは残っていません。
だからもう寝ます。
明日はまた今日の続き、灼熱の2日目が待っています。


posted by はーん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。