こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年03月21日

信と不信

今自分の心の中心、思考の原点には「信」があるのか、それとも「不信」があるのか?
たったそれだけの違いで、自分に降りかかってくる世の中のすべての現象と人生そのものが大きく変わってきます。
どれだけ力のある人でも、原点が「不信」であれば、その人はいつも苦しんでいます。
多くの方は「自分が苦しんでいる」という事実に気づいていませんが。
反対に、原点が「信」であれば、その人はとても自然な光を放っています。
その光は人を幸せにします。
つまり、その人の存在そのものだけで人を幸せにするのです。

では「信」とは何か?
いろんなお答えがあると思いますが、そのうちの一つは、「存在承認」でしょう。
ちょっとややこしいですが、「信」と「不信」は「物事の判断」とはちょっと違います。
「物事の判断」のさらに手前にあるもの。
「信」か「不信」かの違いにより、「物事の判断」が決まってきます。
原点が「信」ということはイコール「すべてを信じる」というスタンスであり生き方です。
「すべてを信じる」とは、「すべてを存在承認する」ということです。
そして「すべてを存在承認する」ということは、これがつまり「現実と向き合う」ということです。
ですから人は「現実と向き合う」ことにより、心が本当に楽になれるのです。
そして最善の一歩一歩が切り開かれていくことになるのです。

今の私の心の状態。
それは「信」と「不信」が目まぐるしく入れ替わっています。
コーチングをしているときは、いつも間違いなく「信」状態です。
でもそれ以外では、目まぐるしいです。
まるで何かを学びなさい、と言われているかのようです。
明日も大きな研修があります。
現在の私のクライアントさんの中で、恐らく最も予測のつかない展開になるであろう企業様です。
この揺れ動く私の心の状態で、明日はいったいどうなるのか?

今はこの心の事実自体を「存在承認」するだけです。


posted by はーん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。