こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年03月22日

最高だ

今日はこのブログでもたびたび出てくる超体育会系企業様(A社さん)での研修(グループコーチング)でした。
朝、A社さんに向かって歩いていると、向こうからぞろぞろと大勢の背広組が向かってきます。
どこかの会社の新人さん達です。
ふと見ると、その先頭にA社の人事担当の方が。
そうです。A社の新人さん達でした。
皆さんがとても大きな声で私とスタッフに挨拶をしてくださいました。
その気合いだけで、わたくし、エンパワーメントされました。

その後、研修ルームでA社さんの管理職40数名の方々と向き合いました。
本当にいつも思うのですが、「気合いの入ったヤローども」です。
こんな言い方をするのは失礼かもしれませんが、こんな言い方が一番的を射ています。
A社さんのグループコーチングは朝から夕方まで一日続きますが、いつも展開が全く読めません。
研修型ではなく、純粋型グループコーチングです。
であるが故に、いつもスリルがあります。

今日も盛り上がりました。
彼らはまるでブレーキの壊れたダンプカーのようです。
私は彼らが走るのを、文字通り伴走します。
今朝の私の精神状態は決して万全ではなかったのですが、時間が経つにつれてどんどん調子が上がっていきます。
彼らからエネルギーが入ってくるのです。
そして場全体にエネルギーのうねりが巻き起こります。
それはグループコーチングが終わる時間になっても衰えを知りませんでした。

今、新幹線の中でこのブログを書いているのですが、彼らに書いていただくレポート用紙はいつも私を勇気づけてくれます。
ある方のレポートの中に次のような一文を見つけました。

「我社、A社はやっぱり最高だ!」

そんな彼らとグループコーチングできる私も最高です。


posted by はーん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。