こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年03月28日

ラストメッセージ

私は本当に人に恵まれているなぁ、とつくづく思います。
私のクライアント企業のご担当者は皆、すがすがしいまでの「想い」をお持ちの方々ばかりです。
「変わらないかもしれない現実」を目の前にしながらも、それにひるむことなく、必死に向き合おうとする。
そして今自分にできる最大の一歩を踏み出そうとする。
そんな方々ばかりです。

今日も、そんなある企業の研修担当の方とメールのやりとりがありました。
いただいた文章の中にこんな一言がありました。

「ラストメッセージ」

メールの内容をそのまま載せるわけにはいきませんが、要約しますと私が関わらせていただいているプロジェクトが、その方の仕事人生における社員さん達への「ラストメッセージ」だとおっしゃるのです。
つまりそこに自分の仕事人生のすべてを懸けていらっしゃるということ。

思わず私はその方のメールに深々と頭を下げました。
そんな心を込めたお仕事に私共の研修を選んでいただき、本当にありがたいのです。
私はコーチです。
コーチにはコーチにしかできないことがあります。
その最大のことを私はさせていただきます。
その方の想いを受け止め、私は社員さん達と向き合い続けます。


posted by はーん at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。