こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年03月29日

ソーシャル・ステージ

もう春ですね。
新入社員さん達が着慣れないスーツを身にまとい、街中を歩く姿が目立ってきました。
やはり日本にとっては、4月というのはスタート意識・リセット意識を高めます。

わたくし、加藤のコーチングを始めました。
なぜならSCCもこれからある意味でのリ・スタート。
新たな局面・新たな展開に入っていくからです。
よく私共の講座では、最初のステップを「コア・ステージ」(=自分自身の揺るぎないコア、つまり中心軸を見つけるステージ)、そして次のステップを「ソーシャル・ステージ」(=コアを中心に社会に広がっていく、つまり外に向かって活動・展開していくステージ)と呼びます。
これまでのSCCはコア・ステージの段階にいたと思います。
そしてこれからはいよいよソーシャル・ステージが始まろうとしています。
そういった重要な時期であるからこそ、私達自身のコアを外さずに、新たな一歩一歩を踏み出し続けるためのコーチングをしていこうと思ったのです。

加藤は超一流のコーチです。
超一流のコーチをコーチングするのはやっぱり大変です。
こちらのちょっとした揺らぎが敏感に伝わってしまいます。
だからこそ、私は力を抜いたコーチングをしていきます。
私は私のコアとして、・・・つまり「願いのもと」として加藤と向き合っていくつもりです。

何が生み出され、どんな展開が待っているのか。
SCCはどこに向かうのか。
とてもとても楽しみな春です。


posted by はーん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。