こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年04月08日

経営者の方々と

今日は経営者の方々を対象とした「願いのもとグループコーチング」でした。
朝から東京は雨と風が激しく、研修会場に着くまでに全身ビショビショになってしまいました。
しかも、今日は北は北海道、南は鹿児島と、全国各地から皆さんがお集まりになりましたので、雨のおかげで飛行機が到着できないなど、予定外の展開がたくさんありました。
人数としては9名という少人数のグループコーチングだったのですが、そんなこともあり、あたふたする中で一日が進みました。
表面上はあたふたしていましたが、でも心の中はずっと安定。
きっと経営者の方々ならではの心の安定感が、場を創っていたのでしょう。

少人数の経営者の方々と共に向き合う場というと、昔私がさせていただいていた経営塾を思い出します。
当時はコーチングの「コ」の字も知らなかったのですが、今の私のグループコーチングの原点はやはり当時にあるんだろうなぁ、と思います。
当時は今と比べると人間理解もとても浅かったですし、ノウハウも恐らく100分の1以下だったのですが、それでも「必死に人と向き合う」という姿勢だけは、変わっていない気がします。
そう、「必死に向き合う」ことのすばらしさを始めて学んだのが、その頃だったのですね。

明日もグループコーチングは続きます。
まだまだこれからが本番です。


posted by はーん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。