こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年04月16日

運命の扉

特別グループコーチングの2日目でした。
今日も楽しい場でした。
SCCの「願いのもとグループコーチング」を体験する、という目的で行なわれた今回の企画でしたが、コーチングをする側、される側という立場を超えて、みんなが仲間として場を共有していました。
そして今後は本当の仲間として、いろいろな関わりをしてくことになると思います。

グループコーチングが終わった後は、加藤と私と経営者の方々のみで2次会に行きました。
そこで今後のSCCの展開について、様々なご提言をいただきました。
一つの運命の扉が開くような、そんな感覚を私は感じました。
人生の転換点。事業のターニングポイント。
そんなものがあるとしたら、まさしく昨日と今日がそれに当たるのかもしれないな、と思いました。
すばらしい方との出会いに感謝です。

私は私らしく。
私に与えられた役割を全うすることに集中しようと思っています。


posted by はーん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。