こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年04月19日

元気満ちる

このブログで時々登場する、超体育会系企業(A社)さんのリーダー研修でした。
40名の管理職さん達がいつものようにお集まりになりました。
研修と言いましても、今行なっているのは、純粋型グループコーチングです。
5グループに分けまして、5つの全く別のグループコーチングを同時に行なっていく感じの展開になりました。

彼らの研修はもう4年目ですが、彼らはもう完全に流れに乗っています。
車に例えて言うならば、高速道路を走るためにインターチェンジから必死に加速をする時期が終わり、今は無事に本道の流れに乗った状態です。
後は流れに任せてスイスイと、どこまでも走り続けるだけです。
彼らは彼らの力で「場」を創り、彼らの力で課題実践を推進していきます。
私は本当に、傍らで伴走しているだけです。

すると、研修の途中でA社の営業部長さんが私のところにいらっしゃいました。
最近、A社さんでは業界でもちょっと話題になるくらいの画期的で大きなお仕事の受注をされたそうです。
いくつかの会社が参加するコンペをした結果の受注だったらしく、
「我社が受注できたのもこの研修のおかげです。この研修で彼らの学んだことが生きたのです。」
と、とても喜んだお顔でご報告くださいました。
そして深々と頭を下げられるのです。
私は思わず恐縮してしまいました。
が、でもやっぱりこういうお話はとてもとてもうれしいです。

約8時間に渡るグループコーチング。
いつも彼らとの時間は、とても楽しいです。笑いが絶えません。
そして研修後の私の心は、いつも元気に満ち溢れています。
心より彼らに感謝です。


posted by はーん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。