こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年04月29日

深い目

東京でSCCコーチング講座の第3期が6月3日より始まります。
そのための受講生さんの募集活動をちょっとずつ始めているわけですが、今日その関係で、一人の青年とお会いしました。

お会いした瞬間に、私はびっくりしました。
彼の目がとても深かったからです。
喫茶店で向き合って話をしてみると、その目に吸い込まれる感覚がするくらいの居心地の良さを感じました。
一発で私は彼に惚れこんでしまいました。
こういう人にコーチになってほしい!と思いました。
まぁ、講座にご参加されるかどうかはご本人の選択ですので、どうなるかはわかりませんが、彼と出会えただけでも私はうれしかったです。

今はホテルにいます。
さっきちょっと本屋さんに寄ったら、マイルス・デイビスの研究本が発売されていました。
分厚い本です。
5〜6センチはあるんじゃないかなぁ。総文字数57万字だって。
わたくし、今、読み進めている本が10冊近くもあるにも関わらず、思わず買ってしまいました。
いつ読むんだよ。
私もいつか、こういう分厚い本を書いてみたいなぁ。

明日はまた研修です。


posted by はーん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。