こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年05月03日

反省です

私としたことが、とても情けないことをしてしまいました。

今日は休日というわけではなかったのですが、お昼頃に中日劇場で「ウルトラマン・プレミアムステージ2」という演劇が行なわれましたので、それを見に行きました。
本格的なステージで、それはそれはもうすばらしいものでした。

そこまでは良かったのですが、今日の夜の授業でわたくし、完全にハメを外してしまいました。
受講生さん達にウルトラのステージの話をしているうちに、完全に自分の世界に入ってしまいました。
実はこれまでも金曜クラスではハメを外すことはたくさんありました。
でも、外しながらも、実は「共創モード」だけは崩さないようにしていました。
今日も崩していないつもりだったのですが、・・・。
授業が終わってから、ハッと我に返ったのです。
「あれっ? 今まで俺、何してた???」
という感じでした。
その瞬間に気づきました。
私は、完全に自己満足に陥っていたと。

何たること!
自分で自分が信じられませんでした。
そして自分が傲慢に陥っていることにも気づきました。

もし私が今日の私の受講生だとしたら、私は今日の私のような講師を絶対に許さない。
しばらく、深く反省します。


posted by はーん at 02:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
共にその場を創っていた一員としては、辛い言葉だと感じました。
Posted by ピース at 2008年05月04日 00:53
ごめんなさいね。
このブログの内容は、かなり落ち込んでいる状態のまま衝動的に書いてしまいました。
そういうのを載せるのもどうか、と思いましたが、あえてそのまま載せることにしました。

あれからまたいろんなことがあり、多くの気づきがあります。
それをまた共有できるとよいですね。

これを一つの学びのサンプルとして「コーチとしての在り方」について共に語り合いましょう。
Posted by ハーン at 2008年05月04日 11:45
私も「何か反応しなきゃ」と
咄嗟に書いてしまいました。

適切な言葉ではなかったかも知れません。
ごめんなさい。

また、その気づきについて、
お話できるといいですね。

ありがとうございます。
Posted by ピース at 2008年05月04日 20:54
ご丁寧にありがとうございます。

今はだいぶ冷静にあの授業の振り返りができます。
冷静に振り返ると「共創モード」が完全に途切れていたわけではなかったこともわかりました。
恐らく受講生の皆さんの「共創モード」が私の「共創モード」を引き出してくれていたのだと思います。

またゆっくりとお話ししましょう。
Posted by ハーン at 2008年05月05日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。