こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年05月11日

永遠のさよなら

心の中がスッキリすればするほど、その反動として、これまで自分自身で気づかなかった「自分に不一致を生じさせる自分の心のパターン」が浮上してくることがあります。
今日、それが起こりました。

今日は午前中、名古屋で仕事をして、午後から東京への移動でした。
地下鉄で名古屋駅に向かっている途中で、それは来ました。
一言で表現すれば、「不信」ということになると思います。
「不信」を核とした心の中の嵐が、急激に大きくなり荒れ狂いました。
苦しかったですねぇ。
名古屋駅に着いたところで、私はちょっと深呼吸し、それらの心をずっと観察し、向き合いました。
そして、自分のその心が何を言いたいのかを理解しました。
ここまではいつも行なっていることですが、ここから先の自分の行動がいつもとは違いました。
とっさにそれが出たのです。
私がとった行動は、その私自身の心に対して、
「永遠のさよなら」
を告げたのです。
毅然と。
「もう、君はいらない。君とはさよならだ。」
心の中で毅然とそう言い放った瞬間、スーッと体が楽になりました。

この自分の行動には自分でも少し驚きましたが、あぁこういうセルフコーチングもあるのだと思いました。
自分自身を否定するのではなく、自分の心のパターンに「さよなら」を告げる。
それにより、そのパターンのみが去っていくのです。

自分自身が本当に望む自分の人生を創るために、自分の心のパターンを変えていくのはとても大切なことですね。
でもそれは自分自身の強い意志でのみ達成されることなのです。


posted by はーん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。