こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年05月15日

苦しみ

ここのところ、研修の日以外は、ずっと1対1の個別で人と向き合うことばかりが続いています。
コーチングしかり、打合せしかり、相談しかり、です。
今日も朝から夕方までずっと続きましたが、一人の方とお会いした後には、その方の心の中に持っていた「何か」がいつも私の中に残ります。
充実感を心の中に持っていた人との面談の後には、充実感が残ります。
安定感を心の中に持っていた人との面談の後には、安定感が残ります。
逆に、不安定感や苦しさを持っていた人との面談の後には、やはりその同じものが残ります。
ですから、いつも面談の後にはニュートラルな自分にもどすためのセルフコーチングを行ないます。

今日、ある方との面談の後に、とても大きな苦しみが私の中に残っていることに気づきました。
あぁ、あの人はこの苦しみとずっと闘ってきたんだな、ということが理解できました。
私がその人の代わりになることは、当然ながらできませんし、してはいけません。
苦しみを私が分かち合おう、・・・などと言うのも大変おこがましいことです。
でも、私は応援したいですね。
その方が自分で生み出しているその苦しみときちんと向き合い、自分自身の勇気と決断で、その苦しみから抜け出ることを。



posted by はーん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。