こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2008年05月23日

叱り叱られ

今日も一日、研修でした。
昨日に引き続いての新人フォロー研修2日目。
午前中は珍しく、私が皆さんを「気合いを入れろ!」と叱る場面もありました。
そう言えば、昔はそういう研修ばかりをしていました。
相手が自分よりの年上の方だろうが、どんな立場の方だろうが、気を抜いている人を見るとすぐに叱り飛ばしていました。
スタッフが「久しぶりに腹を立てている竹内さんを見ました」と言ってましたが、そうですね、感情で手がブルブル震えてましたもんね。
でも皆さんとても素直な方でしたから、すぐにもとの雰囲気にもどり、皆で共に場を創ることができました。

昨日はあまり感じなかったのですが、皆さん、見た目が若いですね。
若い、というのは見ていて面白いです。失礼な言い方ですけど。
全員が原石のようなものです。
これからどのように磨かれていくのか。
そして自分自身をどのように磨いていくのか。
皆さんの20年後を見てみたいですね。

研修の終わり、ラストの1時間くらいで、わたくし、また電池切れのような状態になりました。
やっぱりちょっと仕事のやり過ぎのようです。
夜、名古屋にもどり打合せをしたのですが、加藤から「もっとゆとりを持とうとしてください!」と、今度は私自身が叱られてしまいました。
確かに鏡で見る私の表情は疲れ切っています。
こんな顔で研修に出るのはよくないですよね。
私は私の時間のある限り、多くの人と向き合おうとして来ましたが、その私の考え方、生き方のどこか根本の部分に、ちょっと改めるべき部分があるのかもしれません。
でも、現実的には明日からもずっと予定が詰まってしまっています。
私の生き方は本当にこのままでよいのか?
そんな疑問符が、今大きく心の中に残っています。


posted by はーん at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。