こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2010年06月18日

直観の境界

今年の新入社員さん達が入社されて、はや2ヶ月半。
この6月の半ばになって行なわれる新入社員研修もあります。
つまりは、4月からの研修期間の一つの締めくくりとして、私共の研修(ねがいのもとグループコーチング)を取り入れてくださっている企業様もあるのです。
ということで、今日は新入社員研修でした。

40名近い新人さん達だったのですが、皆さんの前に立つと、その活気あるパワーに少しびっくりしました。
これは今日は楽しい場になるなぁ、と思いましたが、まさしくそのようになりました。
一日かけて、ゆっくりじっくりと進み、皆さんの「ねがいのもと」を出すことができました。
いつも「ねがいのもと」が掘り出された後には、お一人お一人からその「ねがいのもと」を発表いただき、皆さんの真本音との繋がり度合いをチェックするのですが、今日は全員の発表が終わった直後、不覚にもわたくし、泣きそうになりました。
理由はわかりませんが、恐らく皆さんの真本音の願いのようなものをダイレクトに感じたからだと思います。

真本音発揮レベルで言いますと、今日は「共感の境界」と呼ばれるラインのさらにもう一段階上の、私が「直観の境界」と呼んでいるラインを、全員の皆さんが突破されました。
この境界を超えることで、私達の直観モードは飛躍的に向上します。
その状態で掘り出された「ねがいのもと」ですから、とても深いものが見つかったのだと思います。
研修は明日も続きます。
明日はひょっとすると、さらに上の境界を超える方が出てくるかもしれません。
最近の若者は、ホントに恐るべし、です。




posted by はーん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

共感の境界

今日も南国酒家さんにて、リスペクトセミナーを行ないました。
今日のテーマは「“ありがとう”が循環する職場」です。
つまりは、組織活性化についてのセミナーです。
昨日は、一人ひとりの心の中のお話を中心にしましたが、今日は人と人との関わりやコミュニケーションのお話が中心です。
でも、いずれにしましても両者は密接に関わり合っていますし、どちらか一方だけを語って終わるわけにはまいりません。
結局は同じことを、違った視点からお話ししている、という感じですね。
一人ひとりが活性化すれば、必然的に組織は活性化します。
組織が活性化しているとしたら、一人ひとりが活性化しているということです。
それが自然な在り方ですね。

最近よくこのブログでも書きますが、真本音発揮レベルについてです。
これは要するに、真本音が表面に出ている度合いのことを言っていますが、その度合いを数値化する術を何ヶ月か前に得ることができました。
ですので今は、私の感性にプラス、その数値をもとにすべての研修の展開をコントロールしておりまして、非常に研修がやりやすくなりました。
そして私の呼ぶところの「共感の境界」という数値レベルがあります。
その数値を達成しますと、心の共感度が飛躍的に伸びるという境界です。
昨日も今日も、その境界を超えることができました。
ですので、皆さんとの心のつながり感がとても気持ち良かったです。
どうすればその境界を超えることができるのか?
その答えは至ってシンプルです。
つまりは、「ありのままに向き合う」ということですね。
それができれば、「共感の境界」は必ず超えることができます。
それこそが、人と人のコミュニケーションの力であり、人間の力ですね。
そんなことを改めて実感できた2日間でした。


posted by はーん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

明治神宮の目の前で

今日もリスペクトセミナーでした。
今回からご縁があって、南国酒家さんという中華料理屋さんが会場となります。
全国展開している老舗で、一流の中華料理を楽しめます。

セミナー場所は原宿店。明治神宮のすぐ目の前です。
その迎賓館の一室をお借りしての、セミナー開催です。

わたくし、驚いたのですが、明治神宮というのは凄い場なのですね。
最近よくパワースポットというのが流行りのようですが、そういう意味では明治神宮こそ、凄いパワーを持った場所です。
SCC流の表現を使えば、真本音発揮レベル100%の場が、明治神宮です。
そういった場は、滅多にありません。
一歩足を踏み入れただけで、私の真本音がビンビンに反応し、体の芯がザーッときれいに洗われる感覚が続きました。
セミナー前の散歩としては、最高の場所でした。

そんな明治神宮の目の前にあるお店が南国酒家さんなので、それはもう、場の空気の良いこと良いこと。
セミナーもとてもやりやすかったです。
ご参加の皆様とのつながり感を楽しみながら、今日も真本音や反応本音のお話をさせていただきました。
真本音・反応本音というのは、その概念をお伝えするだけで、皆様の心のパワーが大幅にアップします。
そしてそういった視点を持つだけで、心の動きや人間の理解が深くなりますので、これからももっともっとたくさんの皆様にお伝えし続けたいですね。

posted by はーん at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

本来の自分として

今日の「ねがいのもと講座」では「使命」について語り合いました。
今回の受講生さん達は、「自分の本当の使命とは何だろうか?」、その答えを見つけたいという想いの強い方ばかりです。
使命の話をしているうちに、みるみる皆さんの真本音発揮レベルが上昇していくのがわかりました。
ある受講生さんが言われました。
「使命とは、“やらずにはいられないこと”だと思います。」
なるほど、そうですね。
使命にも反応本音レベルの使命と真本音レベルの使命があります。
真本音レベルの使命は、誰もが持っています。
それを見つけることができたとき、私達は自分の命(人生)をどのように使えばよいか?を明確にすることができます。
その瞬間から、私達の心は開放されます。
そしてその使命に向かう中で、私達の心はどんどん自由になっていきます。
使命を決めることは、自分の人生を縛ることではありません。
逆です。
人生が、自分が、開放され、自由になるのですね。
そしてその答えは、誰もが持っています。

ねがいのもと講座にご参加いただくと、通常では体験できないレベルの真本音発揮度合いを体験できます。
でもそれは、特別な状態ではありません。
それこそが「本来の自分」の状態です。
「本来の自分」にもどった状態で、自分自身の人生を見つめる。
・・・それがこの講座の、コア・ステージの意味であると、今日はつくづく感じました。


posted by はーん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じ船に

昨日は、あまりにも密度の濃い一日でしたので、ブログを書くだけのパワーが残っていませんでした。

この一つ前のブログでも書きましたが、昨日はある大手企業のA事業部さんでの最後の研修でした。
一日目と同じように、とても私の心は静かでした。
穏やかな時間が進みました。
ですが、根底は違うのですよ。
心の根底では、皆様の真本音のパワーと私のパワーが波を打ちながら、相乗効果でさらに大きな波を起こしていました。
静かだけどエネルギッシュとは、こういうことを言うのだと思います。

研修は無事に終わり、その後は、研修担当のBさんCさんのお二人と、リスペクトの岡田さんと私の4人で食事会をしました。
BさんCさんとは、本当にずっと「共に」研修を創り上げてきました。
A事業部での研修はこれで終わりですが、BさんCさんと岡田さんと私の「人生の願い」は同じです。
4人で今後の人生について語り合いました。
恐らくこの4人は、今後も「同じ船」に乗って、人生の航海を続けていくのだと思います。
立場は違えど、目指すものは同じ。
私は、本当の仲間と出会えた喜びに、改めて浸っていました。

さて、そして今日です。
今日は、SCCプロ・コーチ養成講座の開講日です。
全33回に渡る長い講座の始まりです。
「同じ船」に乗るであろう皆さんとの、新たなスタート。
お一人お一人とのご縁に感謝しながら、第1回目から楽しい時間を過ごさせていただきました。

そうそう。
新受講生さんのお一人が、「私、ブルックナーオタクなんです」だって!
超うれし!
ブルックナーとは、ベートーベンと同じくクラシックの作曲家で、最近の私が完全にはまっている方です。
マイルスと同じくらいはまっています。
でも、CDなどはまだ聴き始めたばかり。
いろいろとご指導いただこうかな。

posted by はーん at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

最後の前

ある大手企業様の中のA事業部さんで、これまで長期に渡ってずっと研修を続けて来ました。
1回数名〜10数名という少人数ずつで、300名近い方々の研修をしました。
フォロー研修もしました。
2008年10月にスタートしましたので、2年近くやり続けたことになります。
その最後の研修が今日、明日です。
感慨深いですね。

研修は毎回、ご創業者の元ご自宅で行なわれました。
そこは今は記念館になっています。
1000坪以上の土地で、庭園も見事です。
いろんな木々が生い茂っていますので、四季折々を実感できて、いつも楽しかったです。
都会の喧騒から少し外れた静かな場所での研修は、とてもリラックスできました。
その記念館は、なんだかもう私自身の自宅のような(笑)感覚となりました。

最後の研修は9名の皆さんです。
今回も少人数です。
ゆっくりじっくりと、皆さんの「ねがいのもと」を掘り出しました。
ゆっくりじっくりと、時間が過ぎていきます。
私の心は、特に今日は全く波風が立たず、ずっと静謐でした。
まるで鏡のような湖面を思い出させるくらいに、静かで透明でした。

ご創業者はもう20年以上も前にお亡くなりになりましたが、その方がどれだけ真本音度合いの高い方だったかは、肌でわかります。
恐らく(と言いますか、間違いなく)ここまで真本音度合いの高い経営者は、世界中探してもいないでしょう。
そんな方の創られた会社です。
やっぱり真本音度合いの、とんでもなく高い方々がおみえです。
明るくエネルギッシュで、しかも穏やかであたたか。
貫くべきは、一直線に貫いてゆく。
包むべきは、大きく包み込む。
そんな、ご創業者を受け継がれるリーダーも健在です。
このような企業様と深い関わりをいただけたことに、本当に感謝です。

明日は、研修2日目です。
本当に本当の最後の日です。

posted by はーん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

人生の答え

またまた「超」のつく強烈な、真本音メッセージがありました。
私の場合の真本音メッセージの多くは、「体験」を伴います。
ただ単に心の声が浮かび上がってくるだけでなく、それを裏付けるような、そして、ウンもスンも言えなくなるような圧倒的な体験があり、その上でメッセージが来ますので、いつもただ茫然としてしまいます。

今回のメッセージで、私は私の人生における私の役割の意味を、さらに明確に知ることができました。
それはまさしく、何のために私は生まれて来たのか。
何をすべきなのか。
その答えです。
その答えは、たったの一言で表現できますが、私はそれを言葉として表明するのではなく、実践を通じて表していくことにします。

ようやく、私はこれから人生の本番のようです。
もう本番、もう本番、と言いながら、ここまで長かったです。
でもこれからの人生の密度は、これまでとは比べ物にならないほど濃いものとなるでしょう。
それを私は楽しみながら進んで行くことにしましょう。

posted by はーん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪型変えました

今日は東京で、ある大規模なビジネス系のイベントがありました。
そのイベントの一コマをお借りして、50分の講演をさせていただきました。
使命感とモチベーションアップをテーマにした、いつもの講演だったのですが、こういったテーマは関心が高いのでしょうか、定員いっぱいの応募数となったようですね。
このイベントは大企業の方々が主ですので、かなり有名どころの企業の人事の方々に講演をお聴きいただきました。
共感していただいた方も多いようで、皆さんの意識の波を受けながら、私も気持ち良くお話しできました。

さて、突然話は変わりますが、・・・
実はわたくし、今日から髪型を変えました。
ちなみに、このブログに載っている私の写真はかな〜り古いものです。
だってまだオールバック時代のものですもんね。
2年以上前から私はオールバックをやめて、今は普通に6:4くらいに髪を分けて前に垂らしています。
で、今日髪型を変えたと言いますのは、なんと! これまで左側で髪の毛を分けていたのを、分け目を右側に変えたのです!!
どうだ!!
・・・って、笑うなかれ。
実はこれも、真本音からのメッセージがきっかけだったのです。

昨晩突然、「明日から分け目を反対側にするのだ」という真本音メッセージが。
・・・だから、笑うでない。
真面目にそんなことを言ってきたのだ。
どうやら、分け目を右側にした方が、私の心と外見の一貫性が取れるそうな。
ホントかいな、と思いましたが、だいたい真本音メッセージというのは「確信」を伴うものですので、反応本音ごときに抗うこともできず、今日から分け目を変えてみた、というわけさ。
で、やってみて初めてわかったのですが、私の髪の毛の流れは、こっちの方がスムーズにいくようです。
これで何が変わるかなんてわかりませんが、しばらくこれで試してみようかなと。
しかしまぁ、最近はやたらと真本音メッセージが頻発しておりますが、こんなことまで言われるとはねぇ。

posted by はーん at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

溢れたパワー

ふと・・・、
バリッと、私の心の中の何かが破れました。
すると、そこから光が!
すさまじい輝きの光の帯が!
す、すごい。
凄いエネルギー量です。
わ、わたしは、まだこれを制御できない。
とてもとても制御できない。・・・
呆然。自失。
それほどのパワー。
それが、本来の私のパワー。
人のパワー。
真本音のパワー。

今回は、私の真本音君、
パワーの全貌を少しだけ見せてくれました。
それは驚愕と言ってもよいほどのものでしたが、
私はこれを使うために生まれて来たのだとわかりました。
このエネルギーを制御できる自分になるのが、次の目標。
でもその目標は、どうやら思っている以上に早く達成されそうです。


posted by はーん at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

使命の境界

ねがいのもと講座コア・ステージが佳境に入って来ました。
受講生の皆さんの真本音発揮レベルはすばらしく、
ほとんどの皆さんが「使命の境界」を超えられました。

私達は皆、真本音が表に現れてきますと、「自分は何のために生きていきたいか?」「自分の人生の目的は何か?」「自分はどんな人生の願いに向かいたいか?」などの答えが自然に見つかります。
答えはすべて自分自身の真本音が知っているからです。
つまりそれは自分の「使命」です。
「使命」とは、他者から与えられるものではなく、自分自身が決めている「命(=自分自身)の使い方」のことを言います。
それが、自然に明確になってくるのです。
そしてそれは、真本音の発揮レベルがある一定以上を超えたときに、急激に明確になり始めます。
それを私は「使命の境界」と呼んでします。
受講生さん達は皆、その境界を超え始めました。
つまり、自分の本当に望んでいる人生が観えてきたということですね。

自分自身の使命が見つかるということは、とても幸せなことです。
受講生の皆さんのお顔を拝見していますと、それがよくわかります。
とても明るく柔らかく、そして、とてもエネルギーに満ちています。
皆さんの本来の魅力が、溢れています。

さぁ、いよいよ次回は「ねがいのもと」とのご対面です。

posted by はーん at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

登り続ける

人の価値というのは、真本音発揮度合いの大小によるものではありません。
真本音度合いを高めようと登り続ける、その意志にこそ、
本当の価値があります。

私は、登り続けようともがく方達を、心より応援しています。
すべてを込めて、サポートします。
その行為を通じて、私自身も登り続けるのです。

posted by はーん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

病院での研修

今日はある病院にて、2時間の研修を行ないました。
コミュニケーションについての研修です。
皆さんの前に立ち、私はびっくりしました。
というより、絶句しました。
なんという・・・。
皆さんの心のパワーがとても高かったからです。
心のパワーというのは、真本音の発しているパワーのことです。
つまり真本音度合いが高かったということですが、真本音のパワーが高まると、それはとてもあたたかく居心地によい波動となって伝わってきます。
このパワーの高さは、普通の企業ではあり得ないレベルのものでした。
やはり病院で働く方々だからこその、心のパワーなのでしょうか。

ですからたったの2時間でしたが、私は皆さんのパワーに包まれながら、とても幸せな時間を過ごすことができました。
時間が進むに連れて、皆さんの真本音度合いはさらに高まり、それが広い会場全体に行き渡ったようで、その会場そのものの空気も変質したかのようでした。

明るい病院でした。
やすらぎの病院でした。

posted by はーん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とことん混沌

今日、ある企業の研修担当の方(Aさん)と打合せをしていましたら、「混沌」という言葉が出て来ました。
Aさんは、「混沌があるからこそ、成長できるということに気づきました」とおっしゃっていました。
本当にその通りですね。

そう言われれば、いつも私共がご提供しているコーチングやグループコーチングなどは、まさに「混沌の場」を創るために行なっている、・・・と言っても過言ではないと思います。
混沌というのは気持ちが悪く、多くの方々が避けたいものですが、
慣れれば気持ちよいです。笑
そして良い混沌の後には必ず、本質的な気づきやひらめきが生まれます。
それこそが本当に求めている答えです。
それこそが直観モードですね。

混沌とする、ということは、反応本音がほぐれている状態です。
その結果として、真本音が発動しやすくなるのですね。
真本音からの発想は、圧倒的な「確信」を生み出します。
それは、私達の歩みをとても逞しいものにしてくれます。

世の中全体も今は混沌としていますが、
混沌を恐れず、混沌に向き合っていくことで、
私達は、最善の答え・最善の選択に気づくはずです。
どうせなら、中途半端はやめて、とことんまで混沌としてしまいましょう。

posted by はーん at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

真本音の光

最近、真本音からのメッセージが、かなり頻繁に届くようになりました。
真本音からのメッセージというのは、私自身の真本音から心の声が浮かび上がってくることを言います。
それは、頭で思考するのとは明らかに異なり、私自身でもびっくりするような発想や決断が浮かんできます。
しかしそのほとんどは「確信」であり、浮かび上がった瞬間に「確かにそうだ!」と、その時の最善の答えを得たような爽快さを感じます。
このことを「直観モード」とも呼びます。
つまり、直観モードとは真本音そのものの発想であり、それは通常「ひらめき」として認識されます。

その直観モード(=真本音メッセージ)があまりにも多いので、最近は「生きること」そのものがとても楽です。
これまで葛藤したり悩んだりしていた時間が、大幅に減少しました。
おかげで、世界がとてもクリアに観えるようになりました。
真本音を大切に生きることを毎日続けることで、その傾向はどんどん強まります。

私の場合、毎日のように多くの人々と向き合うお仕事をしておりますので、その影響もはかり知れません。
全くありがたいことです。
皆様のおかげで、私自身の真本音は間違いなく開花しました。
今日も、グループコーチングや個別コーチングがありましたが、人と向き合う度に、私の心はまるで光に満たされるような感覚になります。
そして、目の前のクライアントさん達のお顔も、とても柔和になります。
真本音とは、その人の光そのものかもしれません。
光と光の交歓は、相乗効果でお互いのパワーをより高めるようです。
そんな向き合い方が、多くの企業様で実践できると、世の中はもっと活性化するはずですね。

明日からもまた新しい方々との出会いが続きます。
明日は、どんな光を感じることができるのでしょうか。

posted by はーん at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

“気”持ちいい!

A社様での初めての研修でした。

A社様では、創立50周年企画として、大規模な組織活性化プロジェクトを始められます。
そのキックオフ会議ということで、幹部社員の皆様が全国からお集まりになりました。
会長・社長・幹部の皆さんの熱いお話に続き、リスペクトの岡田さんも講演を。
そして、リスペクトパートナーのB先生も講演され、最後に私の研修に入りました。
とは言え、2時間の短時間研修です。
今日を第1回目として、これから定期的に研修は続きます。

それにしましても、皆さんの“気”のすばらしかったこと。
これこそが“気”持ちいい!という状態なのでしょうか。
今日は初めて皆様とはお会いしたのですが、とても初めてとは思えない繋がりを感じました。
そしてたった2時間でしたが、皆様の真本音のパワーがググッと高まるのを感じました。
組織活性化プロジェクトは、これからが本格的スタートですが、皆様の本来の心のパワーが発動すると、どんな凄いことになるのでしょうか。
恐ろしいくらいに楽しみです。

posted by はーん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再会

今日も先週に引き続き、「親子コミュニケーション講座」と銘打っての講演会でした。
野田塾さんの千種校にて行ないました。
講師は加藤。私はFCC事業のアシスタントの皆さんと共に、そのサポートです。
先週に引き続き、とてもよい講演となりました。

講演が終わったところで突然私は声をかけられました。
「先輩! ですよね!」
振り向くと、懐かしい顔が。
私は学生時代に登山(ワンダーフォーゲル)をしていたのですが、その頃最も親しくしていた私の後輩と結婚された奥さんでした。
その奥さんもワンダーフォーゲルの後輩です。

確か私が海外を放浪し、日本に帰った直後にその後輩夫婦の結婚式があったと思います。
そしてお二人の間にお子様が生まれ、お祝いに駆けつけたこともありました。
そのお子様も、もう中学生だとか。
今日はほんの挨拶程度でしたが、ホントに懐かしかったですね。
これもご縁ですね。

この再会をきっかけに、私は学生時代のことを、本当に久しぶりに思い出しました。
楽しかったですね。学生時代。
私は登山に明け暮れていましたが、その頃から「人生をどう生きればよいのか?」という探求と、「人はどうすれば、本当にイキイキと生きられるのか?」という探求が始まりました。
その頃抱いた「?」を、私は飽きもせず、ずっと精一杯探求し続けて来たのです。
そういう意味では、今のお仕事の原点が、その頃にあったのだと思います。

そう言えばその当時、たくさんの文章を書きました。
20年後の自分に宛てて、その頃思ったことや、ワンゲルの中で得たことなどを、かなりの量、書き続けました。
20年後と言うと、今がちょうどその時です。
そうか、もう20年も経ったのですね。
その頃の文章、どこにあるかな?
引っ張り出して、読んでみようかな。

posted by はーん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

NLP講座終了

「コーチングに活かすNLP講座」という講座をずっと行なっていました。
今日はその最終回でした。
全10回コースが終わったわけですが、受講生の皆さんの真剣さと、成長度がとてもすがすがしかったです。
人の理解を深めたり、自分自身の理解を深めることにより、私達は「外の世界」の捉え方も劇的に変化します。
その変化を「変化である」と認識するところからがまた、本当の成長です。

NLPの各種手法を一つの道具と捉えたとき、それらをどのように活用することで、自分自身とクライアントさんの「真本音の人生」につながるのか?
そんなテーマで進んできましたが、テーマを皆さんで考え合っているうちに、皆さんの真本音度が飛躍的にアップしたのが凄かったです。

今後も皆さんとは長いお付き合いとなりますが、真本音仲間として、共に成長していきたいですね。

posted by はーん at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

もし・・・

もし、真本音の発揮度合いが異常に高い人達ばかりの会社があったとしたら。
しかもご本人達が、そのことを全く認識していなかったとしたら。
その会社は、いったいどんな会社として存在するのでしょうか?

その問いに見事に答えてくれるのが、昨日今日と研修をさせていただいたA社様です。
A社様での研修は、今回が2回目です。

恐らく、もともとの真本音発揮度合いが、これほど高い会社は日本にはないのではないでしょうか。
それくらい顕著な真本音人間ばかりなのです。
しかし、当人達は全くそのことに気づいていません。
コミュニケーションにはほとんど気を遣わず、全体的に静かで大人しく、・・・一番悪い表現を使うと、他人に対して無関心にさえ見えます。
しかし、心の根底でのつながりはとても強く、静かなのに雰囲気は明るく、あたたかいのです。
じかもパワフルです。
全く面白い会社です。

無自覚な真本音人間の集合体。
そんな皆さんが、自分達の本来のパワーに気づき、それを共に活かし始めたら、どんなに凄いことが起こるのでしょうか。
そのためのサポートが、これから始まるのです。

posted by はーん at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

ギャップが

今日は、ある企業様での管理職研修(グループコーチング)でした。
おどろきましたねぇ〜。
皆さんの真本音度合いの強いこと。
最近はホントに、真本音度合いの強い方々ばかりと出会います。

かと言って今日面白かったのは、あんなに真本音度合いの強い皆さんなのに、
それが表面上にほとんど現れていないということ。
表面的にだけ見ると、とても大人しく静かな皆さんです。
でも、根底には凄いパワーが。
そのパワーを浴び続けて、私は時間が経つにつれて、より元気になれました。

ある意味、とても不思議な方達。
根底と表面のギャップが激しい、激しい。
さて明日は、どんな場になるのでしょうか。

posted by はーん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

受け取りました

ある企業A社様で、組織活性化プロジェクトがスタートしようとしています。
そのプロジェクトにリスペクトが全面プロデュースをさせていただくことになりました。
今日は、A社の役員全員の皆様との最終打合せでした。
場はとてもあったまり、活気のあるものとなりました。
皆さんの笑顔が素敵でした。
打合せが終わった直後の社長の一言。
「私のずっとやりたかったことが、ようやく始まる。
 私は10年も前から、これをしたかったんです。」

社長の熱く深い想い。
確かに受け取りました。

posted by はーん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。