こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2009年07月21日

「ありがとう」

先日、ある方からこんなお話を聴きました。

「ありがとう」という言葉を、自分の年齢×400回 唱えると、
自分の頭だけでなく、心も体もすべてが「ありがとう」そのものになるそうだ。

以前もこれに似たお話を聞いた気がします。
これ、あながち根拠のないことだとは思いません。
例えば、私の知り合いの経営者Aさんは、毎朝一番にAさんの会社の理念やミッションを唱え続けているそうです。
すると、Aさんの思考や行動のすべてに、理念・ミッションにつながる一貫性が取れて来ます。
言霊(ことだま)という言葉がありますが、言葉の持つ力というは凄いものがあります。

そう言えば、SCCが推奨していますセルフコーチングの手法の中にも「ねがいのもと、そのものとなる」やり方があります。
これは、言葉を投げかけて行なう方法とは根本的に異なるものですが、自分の頭だけでなく、心も体もすべて「ねがいのもと」そのものになるということでは、「ありがとう」そのものになるのと、状態としては似ているかもしれません。

ところで、最近私は、リスペクト主催セミナーで「ありがとう」をテーマにした講演をさせていただいています。
「ありがとう」が循環する職場を創るにはどうすればよいか、というテーマです。
このテーマで行こう、と提案してくれたのは、リスペクトのスタッフです。
それどころか、「今後の竹内さんは、“ありがとう”をキーワードに発信し続けるとよいですよ」とまで言ってくれます。
が、実は当初私はこの「ありがとう」という言葉が子っ恥ずかしかったのです。
だって、私は「ありがとう」や「感謝」をテーマにできるほど、人間ができているとは思っていなかったからです。

ところが、昨晩、あることに気づきました。
そう言えば、私は毎朝毎晩、「ありがとう」を唱えてるじゃないか、という事実にです。
わたくし、いつも朝起きた後と、夜寝る前(お風呂に入っているときなど)、必ず、私といつも関わっている人達や、その日にお会いした方々のお顔を思い浮かべます。
改めて数えてみたら、いつも35名〜40名くらいの方々のお顔を、一人一人思い浮かべています。
そして、思い浮かべた皆さんに向かって「ありがとうございます」って呟いているのです。合掌しながら。
私は何か特定の宗教をしているわけではないのですが、これを私は小学生の頃からずっと毎日欠かさずに続けているのです。
ここ数年は、最後に私自身の真本音と反応本音に対しても「ありがとう」を伝えるようになりました。
これらは恐らく、私の両親の影響だと思います。
私の両親は小さな会社の経営を行なっており、昔から寝る間を惜しまずに仕事をしまくっています。今も現役で。
で、いつもいつも神棚に向かって、感謝の念を唱えています。
その姿を幼い頃から見ていたので、自然に私もそれに近いことをするようになったのでしょう。
この行為、私にとっては、あまりにも日常の当たり前の行為となっていましたので、毎日「ありがとう」と唱えているのにもかかわらず、そう唱えている自分を認識していない、という状態になっていました。

で、本当に昨晩になって初めて気づいたのです。
なんだ、私も「ありがとう」を大切にしているじゃないか、と。
35〜40名くらいの人達のお顔を思い浮かべながら、だいたい平均17回の「ありがとう」を唱えます。(改めて数えてみたんです。笑)
それを一年365日行なっていますから、 17回×365日=6205回 の「ありがとう」を、少なくとも私は一年間で唱えている計算になります。
そこでさっきの話ですが、年齢×400回唱えるとよい、とのことでしたね。
私は今、41歳ですので、 41歳×400回=16400回 です。
で、さっきの6205回でそれを割ると、2.643。
つまり、2年半ちょっとくらい続ければ、「ありがとう」そのものになれるということです。
でもこれを私は小学生時代からずっと続けていますので、2年半どころの騒ぎではありません。
ということは、私はもう、「ありがとう」そのもの?
う〜っむ。・・・
とてもそうは思えませんが、でも、それだけ「ありがとう」を大事に人生を生きて来たわけですから、「ありがとう」をテーマに講演をするのもよいのではないか、と思えるようになりました。

そうか。
「ありがとう」とは、ずっと私の傍らに在り続けた言葉だったのですね。
これからも、大事にし続けましょう。

ということで、これから不定期に「ありがとう」をテーマにしたブログを書いてみようかな、とも思っています。
posted by はーん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ありがとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。