こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2011年01月22日

ドトールにて

今、ドトールにいます。
最近、ドトールでコーヒーを飲みながら仕事をするのに凝っています。

すぐ隣に他の人がいるという少し雑踏とした空間なのですが、なぜかこういった空間にいると、事務所にいるとき以上に集中力が増します。
ですから、時間のあるときは、ほぼ毎日通っています。
そして、この空間で創造的な発想が浮かび、それがよい仕事に結びつくことも、何回もありました。

ふと、なぜドトールなのだろう?という疑問が湧きました。
で、試しにドトールのパワーレベルを測ってみました。
そうです。パワーレベルとは、企業そのものを測ることもできます。
私が研修に入った後で、その企業そのもののパワーレベルがどれだけアップするかも、
私自身の指針を見出す大事な指標なのです。

パワーレベルを測ってわかったのですが、ドトールのパワーレベルは高かったです。
もちろん他にも同じくらいのパワーレベルのお店もあるのですが、私が調べた限りでは
ドトールがトップです。
なるほど、だから私が惹きつけられるのですね。

喫茶店とか軽食のお店だけでなく、もっと広く外食産業として捉えますと、
残念ながら、かなり低いパワーレベルのお店が増えていることもわかりました。
創業当時は、今のドトールと同じくらいのパワーレベルがあり、その結果として大きく広く展開したのにも関わらず、今はかなりパワーレベルを落としているお店もあります。
数値で言いますと、パワーレベル125というお店が増えています。
125というのは、「我欲」を意味します。
最近、私がどうしても入る気のしないお店がいくつかあったのですが、それらはすべて125で測定されました。
やっぱり何となく、私はそういうのを肌で感じていたのですね。

以前から私は一人の時間を持つことがとても好きでした。
一人で事務所に籠って仕事をするのが好きでした。
でも、今は随分変わりました。
同じ一人でも、周りに人々を感じながらの一人もよいですね。

posted by はーん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 真本音で生きる人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

意識の次元

今年に入ってからの最大の発見は、「意識には次元がある」ということです。

これまでも私は、現実世界のことを「3次元」、心の中の世界のことを「4次元以上」と表現してきました。
その「4次元以上」とは、具体的に何次元まであるのか、ということがかなり明確になってきました。

人類の過去から現在までの意識のレベルにおいては、その最高点は「9次元」となることがわかりました。
そして、パワーレベルの最高値が1000となることで私達は「7次元」に到達できることがわかりました。
ということは、パワーレベルが1000となったとしても、意識レベルでの成長はまだまだ続くという、実に当たり前のことがわかったわけです。
私は昨年末(12月23日)に8次元に達することができました。
それがきっかけで、「意識の次元」という概念を知ることができるようになりました。
現在、世界ではお二人だけ、すでに9次元に到達されている方がいらっしゃいます。

さて、ではその「次元」とは何でしょうか。
実は、これにつきましては、まだまだわからないことだらけです。
しかし現時点でわかっていることの要点を書かせていただきます。

まず簡単に申しますと、次元が低ければ低いほど、それは「独りよがり」の思考や発想となります。
そして次元が高まれば高まるほど、それは「全体とのつながり」「全体との一体感」に基づいた直観や発想となります。
こう書きますと、パワーレベルとほとんど同じように思われますが、ちょっと違うようです。
例えば、「4次元とは、パワーレベルでいくつまで」という明確な区分けはできないようです。
しかも、パワーレベルは最低値が高まれば、それ以下に落ちることは、特別の場合を除いてありません。
しかし、意識の次元は、たとえ8次元になろうとも、それは「8次元の意識が現れるようになった」だけのことであり、心の中には4次元の意識も5次元の意識も、すべて存在します。
ですから、8次元の意識に到達した人でも4次元での思考と発想をするときもあります。
ただ、その4次元の意識が現れたときに、その意識そのものを見つめる眼差しが、パワーレベルによって変わってきます。
そして、その意識の出所も変わってきます。

ちょっとわかりづらいですね。
ごめんなさい。まだ上手く説明できないですね。
例えば、次のようなことです。

「私なんて、どうせ上手くいかない」という意識が現れたとします。
これは、4次元の意識の一つです。
パワーレベルの低い人の場合は、その「私なんて、どうせ上手くいかない」という意識そのものは、現実との関わりの中で生じるただの反応として現れます。
そしてその「上手くいかない」という意識に完全に囚われてしまいます。

しかしパワーレベルが高くなりますと、「私なんて、どうせ上手くいかない」という意識は、真本音の意図として現れます。
わざと真本音が生み出すわけです。
つまり、「今の私には、その自信のなさや不安が必要であり、その心があるが故に、その後に最善の道を創ることができる」と、真本音が判断していることになります。
しかも、その「上手くいかない」という意識そのものに完全に囚われることもなく、その心を、ただあるがままに見つめることができるようになります。

・・・それがつまり、さきほど書いた、眼差しの違いということですね。

この「意識の次元」という視点を得たことで、私は物事の選択が、またまた楽になりました。
今の自分の心を占めている意識の次元がいくつかを測れば、「今、決断してよいかどうか」がすぐにわかるのです。
例えば、4次元の意識が心を占めているときは、「今は決断はやめておこう。それよりも今のこのままの心でしばらくいよう。そこに何か意味があるのだろう」となります。
心が8次元の意識になっているときは、「今こそ決断しよう」となります。

この「意識の次元」に関しては、まだまだ探究を始めたばかりです。
パワーレベルとの相関関係とか、これを企業で活かすとどうなるか、とか。
探究したいことはいっぱいあります。
今後も、何か発見があるたびに、ご報告したいと思います。

posted by はーん at 02:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 真本音で生きる人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

改めまして

今年初めてのブログです。
長らくお休みさせていただきました。
ようやく、次に自分が何を書くべきか、がわかってきました。
ブログを再開します。

このブログは、やはりメッセージです。
「どなたか」へのメッセージです。

さて、今年に入ってからのスピード感は尋常ではありません。
昨年も感嘆するほど色々なできごとがあったのですが、どうも昨年の比ではないスピードで、すべてが進んでいるようです。
ですから、メッセージも急がねばなりません。

真本音とは、すべてとつながっています。
真本音で生きるとは、そのつながりを実感しながら生きることになります。
ですから、一人が真本音で生きるようになると、その周りの人達への影響も大きいです。

真本音で生きている「どなたか」へ。
そして、これから真本音を意識して生きようとしている「どなたか」へ。
その指針となるメッセージを送り続けます。

改めまして、どうぞよろしくお願い申し上げます。

posted by はーん at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 真本音で生きる人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする