こんにちは、竹内です。

コーチングというお仕事をさせていただいております。
私はとてもマイペースでのんびりしていますので、カタツムリのようだと言われます。
「コーチ・エスカルゴ」などとも呼ばれています。
ブログというのも、実は初めて書きますので、何を書けばよいのか・・・。
考えていてもわからないので、とりあえず、書き始めることにしました。
あとはのんびり、自然な流れに乗りながら、だんだんとコンセプトを固めていきたいと思います。

2013年11月21日

8次元の愛 285 〜その心は誰のもの?

心は伝染します。

つまり、
反応本音は伝染します。

何かにイライラしている人と
一緒にいると
こちらもイライラし始めます。

悲しんでいる人と
一緒にいると
こちらも悲しくなります。

心にはクセもあります。
ある一つのクセを
ずっと続けている人と
一緒にいると、
そのクセまでもが
伝染します。

文句を言うのを
クセにしている人と
一緒にいると、
こちらの心の中にも
文句が生まれます。

私達は日々、
多くの人達と関わりながら
生きていますが、
その中で
心と心を伝染し合って
います。

つまり、
今、自分の中に発生している
この心は
本当の自分の心とは
限らないのです。

誰かの悩む心を
受け取り、
自分も悩み続けている人は
実はとても多いです。
本当は
何も悩む必要などないのに
「悩み」が伝染することで
悩みから抜け出せなくなる人が
多いのです。

今、自分の中にある
この心は
いったい誰の心だろう?

誰の
反応本音だろう?

本当にこれは
自分の心だろうか?

そんな視点で
自身を見つめると逆に
自分の本当の心が
わかるかも知れません。

いついかなるときも
どんな状況でも
必ず自分の中に在り続け、
力を入れなくても
そこに永遠に存在している心。

それが
真本音です。

自分の本当の心であり、
自分の魂の声です。

つづく


2013年11月19日

8次元の愛 284 〜その人と私の本当の関係

表面上の未熟さに
捕らわれていると、
その人との本当の関係が
観えなくなってしまいます。

例えば、親と子。
もしくは、先輩と後輩。
一見すると
親が子に教えていたり、
先輩が後輩を指導していますが、
本当はそこでは
どちらが学んでいるか?
本当はそこでは
何が起きているか?

その視点で
よ〜く物事を
観察してみましょう。

自分にとって
イライラする相手。
自分からみれば
ヤキモキする相手。

君はダメだなぁ。
すぐにそう言いたくなる相手。

そんな人を
目の前にしたときほど、
本当はそこで
何が起きているか?
を観察してみましょう。

この3次元の現実世界では
魂と心が
よく逆転します。

あえて「レベル」という
言葉を使えば、
魂レベルの高い人ほど
心のレベルを落とした状態で
現れることがあります。

私達は
相手の心や振る舞いなど、
表面に現れるもののみを
見てしまいます。
解釈してしまいます。

しかし
本当にそれが
すべてでしょうか?
本当に私達は
それだけの関係でしょうか?

魂レベルの高い人ほど
心レベルを落として現れ、
それにより
周りの人達の魂を
サポートする。
自分が助けているつもりに
なっていても、
実は反対だった。

そんな例が
無数にあります。

よ〜く
観察してみましょう。

私は今、
その人から
どんなサポートを
受けているでしょうか?

つづく

2013年11月15日

8次元の愛 283 〜もっと速くて大丈夫

走り過ぎないで!

と、
自分自身の真本音が
ストップをかけるまでは
加速しても
大丈夫です。

現時点でもまだ
ほとんどの人が
自分の経済速度よりも
遅いスピードで
進んでいます。

遅すぎて
苦しんでいます。

でも、
苦しいからさらに
スピードを
落としてしまう人が
ほとんどです。
だからますます
苦しくなります。

ゆっくりだからこそ
不安定になることも
多いのです。
自転車と同じです。
ゆっくり過ぎると
バランスを取るだけで
四苦八苦します。

もっともっと
スピードを
上げてしまいましょう。

大丈夫です。
上げ過ぎることは
ありません。
ちゃんと自分自身の
真本音が
ストップしてくれます。

真本音が困ってしまうくらいに
進んでしまうのも
一興です。

今ならそれが
できますよ。

つづく

2013年11月12日

8次元の愛 282 〜自分を壊す、とは

私達は今こそ
自分自身を壊す勇気を
持ちましょう。

これまで
「自分である」
と思っていた自分とは
単なる思い込みであり
幻想に過ぎない。
とまで思っていただいて
大丈夫です。

私はこうだから
こうしよう。
これまでこうだったから
こうしよう。
これが必勝パターンだから
こうしよう。
・・・これらの解釈こそが
今後の私達の
足かせになります。

私達は
もっと大きな存在です。

私達の個性とは
もっと深くて
広いのです。

私達の力とは
もっと無限で
果てしないものです。

私達の本来の
行動パターンとは
まだまだこれから
発見すべきものです。

反応本音の時代において
培ったすべての自分を
いったんここで
リセットしましょう。

それをあえて
「壊す」と
表現していますが、
壊そうとするくらいの
積極性がなければ、
今の私達は
壊れないのです。

・・・・・
反応本音の時代では
私達は、

「現象を見て、
 次の現象を決める」

というやり方を
続けてきました。

これをわかりやすく
言い換えれば、

「現実を見て、
 次の行動を決める」

ということになります。

しかし、物事とは

「実在が現象化する」

というのが
本質です。

実在とは、
心の中の確固たるもの
のことです。
ですから、
上記をわかりやすく
言い換えると、

「心の中の確固たるものが
 現実化する」

ということになります。

ところが、
反応本音の時代では
この本質が
歪んでいました。
つまり、
その通りにならなかった
のです。

具体的には、
「心の中の確固たるものが
 現実化しない」
ということもありました。
「心の中の確固たるもので
 ないものが現実化する」
ということもありました。

心の中で確固たるもの
とは
真本音のことを言います。
つまり本来は

「真本音で決めたことが
 そのまま現実化する」

はずだったのですが、

「真本音で決めたことが
 現実化しない」

とか

「真本音で決めたこと
 以外のこと、つまり
 反応本音で決めたことが
 現実化してしまう」

ということが
起きていました。

本来は
「実在が現象化する」
のにも関わらず、
それが上手く機能して
いなかったのです。

それが
反応本音の時代の
特徴でした。
そのため私達は
「実在を現象化する」
ということを諦めてしまい、

「現象のみを見て、
 実在を無視し、
 次の現象を無理にでも
 形創る」

ということを
し続けて来ました。

それが当たり前の
世の中となり、
その中で育った私達は
本来とは違う個性を
創り上げて来たのです。

しかし今、
時代は変わりました。

反応本音の時代は
去り、
真本音の時代に
入りました。

「実在が現象化
 するとは限らない」

という状態から

「実在は必ず
 現象化する」

という本来の状態に
今は急ピッチで
移行しています。

ですから私達は
反応本音の時代に
形創った私達自身の
パターンを
今こそ壊す必要が
あるのです。

本来の私達を
取り戻すのです。

・・・・・
そのためにまず
必要なことは、

「現象に
 振り回されない」

ことです。

言い換えれば、

「現実に
 振り回されない」

ということです。

現実のみを見て、
解釈をしながら
次の一歩を決めるのを
やめるのです。

現実はただ
観察するだけです。
逃避するのではなく、
解釈するのでもなく、
ただしっかりと
観察します。

そこで起きていることを
そのまま観るのです。

すると、
様々な反応本音が
心の中に発生するでしょう。
それらもただ
観察します。
何の操作もしません。

そして
心が静まるのを待ち、
心が自然体になったときに
自分の中心
つまりは真本音が
何を感じ、
どうしたいと思っているのか
を直観します。
つまりは
思考せずに、自然に
発想が浮かんでくるのを
待ちます。

そして、
迷いのない
「こうしよう」
という発想が浮かんだら、
何の操作もせずに
そのまま素直に
行動します。

その行動は
ひょっとすると
これまでの自分のパターンとは
まったく異なるかも
知れません。
しかしそんなときこそ
勇気を持って
素直に行動します。

それが
自分自身を
壊していくことに
つながります。

壊すことで初めて
私達は決して壊れないもの、
つまりは本来の自分自身を
取り戻すことが
できるのです。

今こそが
そのチャンスです。

一歩一歩の
勇気一つで、
私達は自身の道を
大きく開くことが
できます。

つづく

2013年11月01日

8次元の愛 281 〜3ヶ月、経ちました

真本音の時代に入ってから
3ヶ月が過ぎました。
ある意味、
激動の3ヶ月を
ご経験された人も
多いのではないでしょうか。

中には
真本音の時代に入ってからの方が
苦しい、
と思われている人も
いるでしょう。

真本音の時代は
ある一面から観れば
厳しい時代です。
なぜなら
自分の中に密かに
存在していた淀みや
不一致や
矛盾が
次々に浮上してきて
しまうからです。

これまで
自分自身に隠してきたことを
隠せなくなってきます。
誤魔化していたことを
誤魔化せなくなってきます。
向き合うのを避けてきたことを
避けられなくなってきます。

厳しいですね。

さらにそこから
逃げようとすればするほど、
その苦しみは
倍増どころか
10倍以上に一気に
膨れ上がります。

厳しいですね。

でもそれこそが
健康な状態なのです。
苦しいことを
苦しいと感じられる健康
です。
だからこそ私達は
本当の楽を
真剣に求めるように
なれるのです。

・・・・・
この3ヶ月間、私は
壊れてゆく人達を
何人も観ました。

壊れるのも
怖いことですし、
一見それは
耐えられないことのように
思えます。

しかしやはり
本当に壊れることができれば
その後は
本当に楽なのです。

壊れても
何も失うものは
ないからです。

壊れるからこそ
壊れないものに
気づけるからです。

壊れるものは
壊す。
すると、
どうやっても
壊れないものが
燦然と
現れるのです。

それこそが
本来の私達です。

・・・・・
進むべき道が
まだ何も観えない人も
いっぱいいます。

真本音の時代に
入ったからと言って、
そうそう簡単に
見つかるものでは
ありません。

しかし
これまで何度も
書かせていただいたように
「次の一歩」は
わかるはずです。

やっては
ならないこと。
やらなくては
ならないこと。
やりたいこと。

「次の一歩」に関しては
それらが
わかるはずです。

一歩がわかれば
一歩を進んでください。
たとえ、
その先に不安が
あったとしても。

今、大事なのは
進むことです。
わからなくとも
進むことです。

止まることこそ
最も避けるべき
です。

ゆっくりでも
よいですから、
とにかく
進むことです。

・・・・・
やりたいことが
溢れすぎている人も
いるでしょう。

やりたいことが
あり過ぎて
逆にパニックに
なってしまう。
力が
入り過ぎてしまう。

そんな時は
その溢れるものに
身を任せるよりも
静かな時間を
持ってみてください。

本当にやりたいことは
溢れるようには
来ません。

パワーは
溢れるように
湧きますが、
現実レベルでの物事は
溢れるようには
来ません。

すべてのパワーを
全力で向けるべき
物事は
たったの一つです。

その一つは何か?

それをきちんと
見極める自分で
あってください。

そのために
静かな時間を創り、
自分自身と
向き合ってください。

・・・・・
今日は
何をするか?

今日は
何をしては
ならないか?

一日一日を
大切にし、
することは
必ずして、
しないことは
絶対に
しないでください。

その素直さに
委ねることで
私達は
自分の道を
進んでいる自身の姿を
より実感できるように
なるのです。

つづく

2013年08月13日

8次元の愛 280 〜真の答えの見つけ方

何かに迷っているとき、
自分の中に
モヤモヤがあるとき、
何をどうすればよいか
わからないとき。

そのようなときに
どうすれば
真本音通りに動くことが
できるか?

その方法を
お伝えします。

・・・・・
まず第一歩として
大切なことは、

「自分の中にある問い」

を明確にするという
ことです。

迷いやモヤモヤが
あるときは必ず、
私達の心の中には
問いが浮上しています。

多くの人は
その問いを明確にしないまま
悩み続けています。
つまりは、
自分が今本当は
何に迷っているのか?を
きちんと把握できないまま
悩み続けています。

そして
それなりの答えを見つけ、
次の行動に移りますが、
当然それでは
本当に望む行動には
結びつきません。

その行動をとることで
さらにモヤモヤは増大し
すぐにまた立ち止まる
ことになります。

今、自分は
自分自身に何を問うて
いるのか?

今、自分は
どんな問いの答えを
見つけたいのか?

今、現実は
自分にどんな問いを
投げてきているのか?

それらの視点から
問いを
見つけましょう。

・・・・・
問いが見つかったら、
今度はその問いの答えを
見つけます。
多くの場合は
答えは複数個あるはず
です。

複数個あるからこそ
迷ったりモヤモヤしたり
するわけです。

その問いに対して
自分の中には
いくつの答えがあり、
それぞれの答えは
どのようなものか?

それを明確に
します。

できれば、
すべてを書き出して
みるとよいでしょう。

・・・・・
例えば、
一つの問いに対して
3つの答え(選択肢)
があったとします。

それらを
Aという選択肢
Bという選択肢
Cという選択肢
であるとします。

その3つのどれを
選択するか?
で迷っているわけです。

そのうちの一つを
選ぶのが
次のステップです。
それがわかれば
行動に移せます。

では、
どのように選べば
よいか?です。

まず大切なのは
自分自身に次のように
問うことです。

「今、どの選択をすればよいか、
答えがわかるだろうか?」
と。

そう自分に問うたとき、
「今はまだ答えは出ない」
と自然に思えるときは
答えを出すのを
先延ばしにします。

そういうときに答えを
無理に出そうとしても、
反応本音レベルの
答えしか出ません。

今、答えが出るかどうかを
自分に問い、
「あぁ、今なら答えは出るな」
と自然に思えたときに
すかさず、
答えを見つけましょう。

・・・・・
答えの見つけ方は
以下の通りです。

まずは3つの選択肢を
もう一度、見つめます。

そして
次のように自分に問います。

「これ以外の選択肢は
 ないだろうか?
 本当に、これだけの
 選択肢でよいだろうか?」

この問いによって
さらに他の選択肢が
思いつく場合は、
それらをプラスします。
思いつかない場合は、
3つのままです。

ここでは3つのまま
だったとします。

次にするのは
簡単です。

それぞれの選択肢を
断定的な口調で
呟いてください。

まるで
それが自分の答えで
あるかのように、
呟くのです。
つまり、
「Aをする。」
「Bをする。」
「Cをする。」
というようにです。

もし可能であれば
鏡を前にして
自分の目に向かいながら
行なうとよいでしょう。

一つ一つ
その選択肢で行くと
決心したつもりになって
断定するのが
ポイントです。

A、B、Cと
一つずつ丁寧に
順番に行なえば、
すぐにわかるはずです。
どの選択を
自分が本当は
望んでいるか?を。

望んでいない選択肢は
断定的に呟いた瞬間に
心にモヤモヤが発生したり、
場合によっては
口に出すこと自体に
ストップがかかります。

自分が本当に望んでいる選択肢は
スッキリ、楽に
呟くことができます。

その違いを
感覚として
感じ取ってください。

そして、
スッキリ呟くことの
できた選択肢を
選択します。

その通りに
動いてみてください。

それが
真本音の選択です。

・・・・・
この方法は
真本音の時代に
入ったからこそ
有効に機能する
方法です。

反応本音の時代では
この方法でも
なかなか真の答えには
行き着かなかったでしょう。

でも今なら
できます。

もし、
どの選択肢もスッキリしない
ということでしたら、
恐らく、最初の問い
そのものが
ずれているということに
なります。

大切なのは
問いを見つけること。
逆に言えば、
自分の中の真の問いを
見つけることができれば、
答えは自ずから
見つかります。

なぜなら
答えは、私達の真本音が
最もよくわかっているから。
わかっている答えを
見つけるだけのこと。

それがとても
たやすくなるのが
真本音の時代の
特長です。

つづく

8次元の愛 279 〜今、大切な視点

私達の目指すものは
今は
果てしない彼方にあるように
思えます。

それは
ここからはあまりに遠く、
そこに行き着くまでには
無限の時間がかかるような
気がします。

しかしそう思うのは、
私達の心にまだ
反応本音の時代のパターンが
残っているからです。

反応本音の時代のままの
眼差しでみれば
果てしなく遠いものでも、
真本音の時代の眼差し
つまりは
私達の本来の眼差しを
取り戻せば、
それはとても
たやすいものとなります。

その感覚を
一人でも多くの人達が
思い出す
というのが
ここしばらくの
私達共通のテーマ
でしょう。

・・・・・
すべての物事の
「もと」
に当たるものが、
これからは
ありありと観えてきます。

一つの現象が
何に基づいて
起きているのか?
それを感知することが
たやすくなります。
その「もと」が発するものを
直に
感じるようになります。

それは単純に
「何となく気持ちいいな」
とか
「何となく気持ち悪いな」
という
快・不快の感覚で
顕在化されます。

どれだけ表面的に
美しくても
「もと」が気持ち悪ければ、
私達は
「気持ち悪いな」
と感じます。

表面よりも
「もと」に敏感になる、
という傾向が
だんだんと
強まります。

すべての物事(現象)は
人が生み出すもの。
その
生み出している人が
どのような「もと」に
基づいて
生み出したか?

それがすべてを
決めていきます。

真本音の時代の
特長の一つです。

・・・・・
今、自分は
何をすべきか?
何を
したいと思っているか?

急いですべきことと
後回しにした方がよいこと。
その違いも
明確にわかってきます。

とても重要なことでも
今すべきではないことを
今しようとすると
気持ち悪さが起こります。

気持ちが
乗らなくなります。

それは実に
健康的なこと。
今はそれはすべきでない
という合図です。

今は
もっと他にすべきこと
したいことがある
という合図です。

今、
スッと動けること。
今、
自然に「やろう」と
思えること。
そこにこそ
力を注ぎましょう。

それが
真本音の時代における
生き方(行き方)の
基本です。

・・・・・
余分なことも
明確になってきます。

余分なことは
もうやめればよいのです。

余分な行動。
余分な一言。
余分な気遣い。
余分な思惑。・・・

余分なことも
気持ち悪さを
喚起します。

ほんの些細な言動でも
余分なことをやめれば、
途端に
心がスッキリします。

ちょっとした
行動の変化ですが、
生まれ変われた気持ちが
します。

余分を取り去り、
シンプルな
一挙手一投足を。

それも
真本音の時代を
気持ちよく進むための
大切な要素です。

・・・・・
すべての現象には
意味があります。

それは
その「もと」である
実在を
感じ取ることで
わかります。

一つの現象を通して
その「もと」である
実在を
感じ取りやすくなるのが
真本音の時代です。

現象の一つ一つに
振り回される必要は
もはやありません。

実在と現象の
コラボが
この世の中です。
そのコラボを
楽しめばよいのです。

楽しもうと思っても
なかなか楽しめなかったのが
反応本音の時代。
真本音の時代とは
それを簡単に楽しめる
時代です。

この8月1日から
もう時代は
変わったのです。

つづく

2013年08月05日

8次元の愛 278 〜真本音の響く時代へ

人の根底にあるものは
自分自身の理解が
追いつかないほどの
強さと深さをもつ
自分自身の想いです。
そして、
祈りです。

それらと対峙する
勇気を持つ人が
見つけるものは
測り知れなく、
それはその人自身の
人生に
無限の「響き」を
与えます。

その人は
いつもその「響き」を
感じながら、
生き続けることに
なります。

「響き」は
様々な音色を
奏でます。

ある時は
安定の極みを思わす
調和を。

またある時は
不調和の極みを思わす
調和を。

「響き」は
理屈を超えて
その人を促し、
その人に次の勇気を与え、
その人の幸せを
深めます。

真本音の響き。

本当はそれは
常に私達の中に
流れ続けているのですが、
そこに気づくには
私達自身の根底の想い
と対峙する必要が
あるのです。

・・・・・
時代は見事に
変わりました。

これほど見事であるとは
思いもよりませんでした。

これほど完璧に変わるとは
思いもよりませんでした。

自然の摂理とは
やはり偉大です。

その摂理に則ることで
私達人間も
偉大な存在に
なれるでしょう。

摂理の中の
人間。

それは
摂理に支配されている
ということでは
ありません。

摂理の中の
私達であることを
受け入れ
進むことで、
摂理そのものが
進化するのです。

そのための存在が
私達人間です。

8月1日をもって
摂理は
大きく進化を遂げました。

見事!

そう言う他は
ありません。

・・・・・
この世には
二つの「存在」が
あります。

一つは
「命」。

もう一つは
「滅」。

「命」とは
永遠に歩み続けるもの。
コツコツと
途絶えることなく
歩みながらも
大いなる結晶を
創造し続けるものです。

それはまるで
美しい鍾乳洞を創り上げる
一滴一滴の水の滴り
のようです。

「滅」とは
そんな「命」を
滅しよう
とするものです。

この世には
その二つの「存在」が
交錯し合い、
混ざり合い、
影響し合いながら
成り立っています。

反応本音の時代とは
「命」よりも
「滅」の方が
多い時代でした。
正確に言えば、
「滅」が増え続ける
時代でした。

しかし
8月1日午前零時。
この世に
大量の「命」が
降り注ぎました。

今、
この世は「命」に
溢れています。

もちろんそれは
実在レベルでの
話です。

しかしそれは
あまりに圧倒的です。
恐らく、
すぐに現象レベルにも
その影響は
現れ始めるでしょう。

・・・・・
この世における
「存在」二つ。

何が「命」で、
何が「滅」か?

そういった視点で
すべての「存在」を
見つめてみましょう。

自分の心の中の
「存在」も、
自分の心の外の
「存在」も。

「滅」を活かす選択を
する者は、
自らを滅します。

「命」を活かす選択を
する者は、
自らの命を輝かせます。
そしてその輝きは
他者の命に伝播します。

今後はそれが
あまりにも顕著に
現象化するでしょう。

それが
真本音の時代です。

・・・・・
まずは
これからの最初の一年が
重要です。

まだまだ
反応本音の時代の
残像が
残り続けています。

残像を
残像である
と気づく者が
道を創らねば
なりません。

本来の道を
示さねば
なりません。

真本音の時代が
本来の真本音の時代と
なるように、
私達はこれからも
自らの真本音の「響き」に
素直に進みましょう。

つづく

2013年07月31日

8次元の愛 277 〜ありがとう

私達すべての人には
現象の私と
実在の私が
あります。

すべての実在の皆様に
お伝えします。

たった今、
すべてすべきことが
完了しました。

ようやく私達は
真本音の時代に
入ります。

すべての実在の皆様に
感謝申し上げます。

新たな時代を
共に楽しみましょう。

つづく

2013年07月13日

8次元の愛 276 〜心のクセの超え方

以前の私は
真本音の度合いさえ
高まれば、
誰もが真本音の道を
見つけ、
歩いて行けるものだと
思っていました。

しかし、
そうではないことが
わかりました。

なぜなら、
せっかく真本音度合いが
高まっても、
その気持ちよさの中で
逆に真剣度合いを下げ、
本人の気づかないところで
いつの間にか
現実逃避の道を
進んでいた、
というケースが
かなり増えたからです。

もちろんそれはもう
真本音の道とは
言えません。

しかし本人は
真本音の道を歩んでいると
思い込んでいます。
そして、
気持ちがよいと
思い込んでいます。
思い込みながらも、
自身の知らないところで
ストレスを
溜め続けています。

なぜ
そうなってしまうのか?

ずっと疑問でしたが、
現時点で一つ
わかっている答えが
あります。

それは、
心のクセ
です。

真本音度合いが
高まってもなお、
その人の中に
残り続ける心のクセ。

最後まで
残り続ける
心のクセ。

最後まで残るが故に
それはかなり
強力です。

強力であるが故に
その人は
そのクセに
呑み込まれてしまいます。

そういったクセは
誰もが持っており、
そこを超えることが
真本音の道を進むための
必須ステップなのだと
ある時に明確に
わかりました。

真本音度合いが
高まれば、
心の中はスッキリ
します。
スッキリしてもなお
そこに在り続けるクセ。

それを自ら見つけ、
それを自ら見つめ、
そのクセを完全に
手放すことが
大切です。

逆に言えば、
そのクセを手放すことこそが
自分の枠を超えることですし、
本来の自分を取り戻す
鍵となります。

・・・・・
心のクセの
見つけ方を
以下に申し上げます。

心のクセとは
実は多くの場合、
本人にとって
気持ちのよいもの
です。

もちろんそれは
本当の気持ちよさでは
ありません。
あくまでも
反応本音レベルの
気持ちよさです。

そしてそのクセは
主に、
自己防衛のために
発揮されます。
それをすることで、
自らを守ったり、
つらい部分に目を瞑ったり、
つらい現実を
観なくてよい状態に
なれます。

何かを
誤魔化すために
発揮されるものです。

そのため表面上は
(反応本音レベルでは)
気持ちよさがあります。

その、
心の表面のみの気持ちよさと
心の奥での
本当の気持ちよさの
区別はつきますか?

心の表面のみの気持ちよさは
その人を
イケイケどんどんに
させます。
心に勢いが出ます。
行けるんじゃないか!と
自信が湧き上がります。

しかし
真本音レベルの
本当の気持ちよさとは
心が静かに
なるものです。
スーッと肩の力が抜け、
頭が冴え、
すべてをありありと
観察することができ、
力を漲らせる必要が
まったくありません。
心の奥底が
満たされている感じ
です。
満たされているからこそ
あえてパワーを出そうと
しなくても
まったく大丈夫です。

表面上の気持ちよさとは、
それが長く続くと
疲れます。
しかし、
本当の気持ちよさとは
それが永遠に続いても
大丈夫どころか、
それが普通の状態と
なります。

表面上の気持ちよさに
つながるために
何となく無意識に
取ってしまう自分の行動や
思考のパターン。
それが、
心のクセです。

それを
見つけてみましょう。

・・・・・
心のクセが
見つかったら、
それが出ようとした
その瞬間に、
それを自ら
止めてください。

これまでは
気持ちがよいですから
その方向に進んでいたと
思います。
しかし、
その心の動きと行動を
すべてストップします。

そして
いったん止めてから
真本音を
思い出します。

自分が本当は
何を願っているのか?
何を本当に
大切にしているのか?
自分の本当の
テーマは何か?

真本音の想いを
思い出し、
それをしっかりと
心の中心に据えます。

そうして
心をニュートラルに戻し、
その状態で改めて
今から自分はどうしようか?
を考えましょう。

そして、
ニュートラルな心のままで
自然に
こうしよう!
と思えることを
行動に移しましょう。

以上を丁寧に
行ない続けます。
その地道な努力が
自分自身の
心のクセを超える
最大の方法です。

・・・・・
心のクセを
超えることができるのは、
その人本人の努力
だけです。

これは
他者からのサポートが
非常に難しい領域です。

もし
この領域における
他者へのサポートを
したいのであれば、
まずは自らが、
自らの心のクセを超える
という体験をすることが
必須です。

真本音度合いを
高め、
心のクセを
超える。

その先に、
真本音の道は
観えてきます。

つづく

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。